libourne リボーヌ

先日、マルシェの記事で書いたリボーヌについてお話ししたいと思います。

リボーヌはボルドーから車で約30分程、サンテミリオンからは10分程のところにある町です。

住民はおよそ2万5千人程度です。

この街は1270年にイギリス王ヘンリ3世推進により城塞都市として生まれました。

この城塞の建設に携わったのが騎手のROGER DE LEYBURN(ロジェ― デ レイボーン)でした。

レイボーンは、この地を去る際に、自分の名前を残していきました。

その後、数世紀を経てレイボーンがフランス語化し、現在のリボーヌに変わりました。

上記の写真は、当時の城壁にあった門の一部で大門の塔と呼ばれてます。当時はこのような門が9個ありましたが、現在残ってるのはこの一つのみです。この門を見てわかるように当時の城壁は高さ15Mあり、外部からの敵の侵入を見事に防ぎました。

この門には、もう一つ≪海の門≫という呼び名があります。

これは、13世紀末にこの港を通りして、サンテミリオン及びドルドーニュ地区のワインをイギリスに輸出していたのです。イギリス人はドルドーニュ川、その後ジロンド川をへて大西洋へと渡航しました。

先ほどお話ししたようにリボーヌのすぐ横にドルドーニュ川が流れていますが、ここが最初のドルドーニュ川の分岐点となります。ドルドーニュ川はこの後約100KMに渡りフランス大陸を横断していきます。

ちなみに上記写真の真ん中にある島の左側をドルドーニュ川・分岐した右側部分をリスル川として流れています。

リボーヌの中心地には、マルシェが開かれる広場、市役所、及び広場を囲むようにアーチ型のアーケードがあります。

中世時代に造られたアーチ型のアーケードが今もその形を残してます。広場を覆うように四角形になっており、一辺の長さは55Mと4辺統一した長さで造られています。

広場の横に建つのが1427年にゴシック様式で建設された市役所です。20世紀に増築及び改修が行われましたが、当時のゴシック形式をそのまま残しています。

なお、こちらの建物は現在、1階は市役所、2階は美術館として使用されています。

この広場のすぐ横にはショッピング街があります。ただ、残念なことに近年では、空き店舗も目立ち始めてます。

中心地の向かいには高校があるので平日は若者で賑わい、マルシェが開かれる日の午前中には多くの家族連れで賑わいます。

※マルシェの様子はこちらをご覧ください。

サンテミリオンを訪れる際には、少し足を延ばしてみてはいかがですか。

​コンタクト

AMT 

​大宅 利惠子/OHYA Rieko

商工会議所登録番号:85284779700010

60bis rue du boussicaut

​33910 st ciers d'abzac

 

+33.6.25.55.47.54

LINE ID;amatoohya

touramato@gmail.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

24時間以内に返信がない場合は迷惑メールをご確認ください。迷惑メールでの確認できない場合はお手数ですが再度ご連絡下さいますようお願いします。