ドルドーニュ

ドルドーニュ地図
サルラ
中世時代にキリスト教の一種ベネディクト会派修道院を中心として発達した街。
フランス革命以前は、ローマの教皇庁に直接支配され、修道院の教会は司教座聖堂とされたほどでした。
フランス革命後、司教区消滅によりサルラの街の優位性は取り下げられ約150年程置き去られてしまいましたが、1962年に施行されたマルロー法により国内最初の景観保護地域の復興が行われ、現在の素晴らしい街並みが取り戻されました。
ラスコーⅣ
先史時代のクロマニョン人によって描かれた絵が残るラスコー洞窟。
1940年、犬を散歩させていた少年4人により発見されたのがラスコー洞窟です。ただ、実物はカビや細菌等による汚染拡大を恐れ閉鎖されています。
現在、公開されているのがラスコーⅣ。実物の絵と1ミリのずれもなく再現され2016年に開園したこの洞窟は、現代のシステムを取り入れたタブレット&イヤホンにての見学を行っています。
ベイナックエカズナック村
ドルドーニュ渓谷に面した村ベイナックエカズナック。
村の頂上、海抜150メートルの高さにあるベイナック城は中世時代に作られた城塞であり、この地方でも保存状態が非常にいいと言われている城の一つです。
ラロックガジャック
中世時代は1500名程の住民がおり、漁業や港として栄え、百年戦争中はサルラにいた司教をかくまったいたとされる村。
残念なことに1957年、崖の岩の一部が崩れおち3名の死者が出てしまいます。その後も何度か崖崩れの恐れがあり、現在では崖の一部を鉄筋等で補強されています。
ドンム
1281年に建てられた城壁に囲まれた村ドーム。
この村には先史時代に掘られてと言われる洞窟が残っており、百年戦争中は住民の避難場所としても使われました。
ドームの見所と言えば中心地にあるラ・バール展望台からドルドーニュ川を一望できる景観、フランスの最も美しい街の上位に来るのもこれを見れば納得させられます。
もっと見る

​コンタクト

AMT 

​大宅 利惠子/OHYA Rieko

商工会議所登録番号:85284779700010

60bis rue du boussicaut

​33910 st ciers d'abzac

 

+33.6.25.55.47.54

LINE ID;amatoohya

touramato@gmail.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

24時間以内に返信がない場合は迷惑メールをご確認ください。迷惑メールでの確認できない場合はお手数ですが再度ご連絡下さいますようお願いします。