ボルドー市内

ピエール橋
1810-1822にかけてナポレオン1世の命令により建設されました。
この橋には、ナポレオン1世の(NAPOLEON BONAPARTE)にちなんで17個のアーチが造られています。
大劇場
建築家ヴィクトール・ルイにより建設されました。パリのオペラ座の建築家シャルル・ガルニエは、この大劇場を見本としたと言われてます。
ボルドーはこれまで3度、フランスの首都になりましたが、その際に、この大劇場が国民議会場として利用されました。
ブルス広場・水の鏡
ルス広場は1731年、城壁に囲まれていたボルドーを開けた街にしようと、地方長官クロード・ブッシェにが提案し、建築士であるジャック・ガブリエルとその息子アンジェ・ガブリエルにより建設されました。その際、クロード・ブッシェは、ガロンヌ川を見下ろせるようなバルコニーを注文し、この広場はガロンヌ川から来る人にとって、ボルドーの玄関口となりました。
以前、この広場にルイ15世の像がありましたが、フランス革命後、美と優雅を司る三美女の噴水に変えらました。
ブルス広場の向かいには、水の鏡と呼ばれる広場があり、霧や数センチの噴水が繰り返し出ていて、たまった水に映し出されるブルス広場は巨大鏡そのものです。
ワイン文明博物館
ワインを入れるデキャンタ型をしたワイン文明博物館。
ワインの文明や世界中のワインの説明、ワインに関するアロマ・色をクイズ形式にしてあったり見どころ満載です。
博物館見学後はタワーの最上階にてワインの試飲ができます。パノラマ展望台が設置されており、景色を眺めながらワインを堪能できます。 
日本語のイヤホンも用意されてます。
サッカースタジアム
2015年に完成したばかりの新しいスタジアムです。
スタジアムの外部及び内部には、1000以上の白い柱が建っています。
これは、ランド地方の松林とギリシャの神殿をイメージしたものです。
6月に行われたヨーロッパカップでも会場の一つとなり、準々決勝のドイツVSイタリア戦が行われました。
もっと見る

​コンタクト

AMT 

​大宅 利惠子/OHYA Rieko

商工会議所登録番号:85284779700010

60bis rue du boussicaut

​33910 st ciers d'abzac

 

+33.6.25.55.47.54

LINE ID;amatoohya

touramato@gmail.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

24時間以内に返信がない場合は迷惑メールをご確認ください。迷惑メールでの確認できない場合はお手数ですが再度ご連絡下さいますようお願いします。