ボルドー市内

ボルドー市は、2007年に三日月の港として世界遺産に登録されました。

​ガロンヌ川を中心に歴史的建物と近代的建物が、見事に調和した誰もが魅了されるこの街は活気に溢れています。

​ピエール橋

1810-1822にかけてナポレオン1世の命令により建設された、ガロンヌ川を渡る初めての橋。

この橋には、ナポレオン(NAPOLEON BONAPARTE)の名にちなんで17個のアーチが造られています。橋から見るボルドー市の風景は素敵です。

大劇場

建築家ヴィクトール・ルイにより建設されたボルドーの大劇場は、パリのオペラ座のの見本にもなっています。
この大劇場は、フランスで唯一残る木造建築です。

​大劇場の見学も行っていますが事前予約をお勧めします。

ブルス広場と水の鏡

ブルス広場は1731年に王の広場として建築されました。当時は、ルイ15世の像がありましたが、フランス革命後、美と優雅を司る三美女の噴水に変えらました。
ブルス広場の向かいには、2006年に造られた水の鏡があり、水に映し出されるブルス広場は巨大鏡そのもの。インスタ映えも間違いなし!

 ワイン文明博物館

デキャンタ型をしたワイン文明博物館のcite du vin。
ワインの歴史や世界中のワインの説明、ワインに関するアロマ・色をクイズ形式にしてあったりと見どころ満載。タワーの最上階では、ワインの試飲ができます。博物館内は再入場できないので、ゆっくり見学されたい方は、先に腹ごしらえをお忘れなく!

ボルドーサッカースタジアム

2015年に完成したスタジアムは、ボルドーのサッカーチームジロンダンの本拠地になっているので、フランスリーグのサッカーが、ボルドーで楽しめます。試合がなくても曜日によってはスタジアム内の見学を行っています。
スタジアムの外部及び内部には、1000以上の白い柱が建っていますが、これは、ランド地方の松林とギリシャの神殿をイメージしたものです。

キャトリーヌ通り

ボルドーの中心繁華街のキャトリーヌ通り。

長さ1200m、幅10mの巨大な通りは、1984年から歩行者天国になっています。

​こんなに大きい通りも週末になれば人・人・人と大勢の人で賑わいます。

​左右にブティックが立ち並ぶので誘惑もたくさん!迷子にならないように気をつけてください☆

上記以外にもボルドーには世界遺産に登録されている3カ所の教会、300カ所以上の建物が歴史建造物等に登録されています。

また、ホテル、素敵なカフェ、雑貨店も満載なので

随時インスタグラムの@amt_bordeauxにて紹介しています。 是非ご覧ください。

​コンタクト

AMT 

​大宅 利惠子/OHYA Rieko

商工会議所登録番号:85284779700010

60bis rue du boussicaut

​33910 st ciers d'abzac

 

+33.6.25.55.47.54

LINE ID;amatoohya

touramato@gmail.com

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

24時間以内に返信がない場合は迷惑メールをご確認ください。迷惑メールでの確認できない場合はお手数ですが再度ご連絡下さいますようお願いします。